六曜(ろくよう)とは?その意味や由来は?

六曜(ろくよう)は、ご存知ですか?

あの、カレンダーに書いてある
大安や友引、先勝などのことなんですね。

手帳にも書かれているものが多いです。

実は、以前に海外ブランドの手帳を使ったことが
ありますが、大安や友引が書かれていなくて
とっても不便な思いをした経験があります。

六曜って思っている以上に、
生活の一部になっているということ。

Sponsored links




例えば、身近な人が亡くなった場合でも

友引とかさなると、お葬式を延ばしたりしますよね?

それは、友引にお葬式を行うと
友を引き寄せてしまうといわれているからなんです。

他にも、お見舞いに行く日も仏滅を避けたり
しますよね?


さらに、結納や、入籍、結婚式などのお慶び事や
開業開店、会社の設立などとなると、なおさら(゚ー゚)(。_。)

良い日に、スタートさせてその後の発展を願うという
思いは、皆さん同じ思いではないでしょうか?


加えて、管理人は結婚前ですが、
職場の人と一緒に買った、宝くじが当たった経験が
あるんですね(^^)(金額は小さかったです)


あとで調べると、なんと、その日は大安
しかも、星占いでも$マークのある日だった
ということに気が付き、びっくり!!


それ以来、暦や占いによりいっそう興味がでて
いろいろ勉強してきたんですね!


そして、それは今もしっかり活用しているんですよ(^_^)


そんな訳で、生活に密着している身近な六曜について、
ご紹介していきますね!


それでは、六曜のそれぞれの意味から、みていきましょう。


六曜(ろくよう)の意味や由来は?


六曜には、先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口

6個あり六曜星といいます。



暦注は暦のこの部分です


暦注(れきちゅう)という、暦に書かれているお日柄を
表す事項の一つなんです。


六曜は、古く中国で生まれ、元々は五行に沿った
時刻の吉凶を知るための占いだったのだそう。



日本に伝わったのは14世紀の鎌倉時代から室町時代のころ。


そして、江戸時代の末期頃ごろより、
日の吉凶を知るために用いられるようになったのです!




六曜は、1ヶ月を5等分して6日を基準にして、
循環しているんですね。



なので先勝⇒友引⇒先負⇒仏滅⇒大安⇒赤口の順に
まわってくるのですが、次のような決まりごとも。

それは、旧暦の月では1日(ついたち)の六曜がこのように、
決まっているのです。
だから、月によると六曜の並びが不規則なんですね。


  • 1月1日・7月1日⇒先勝
  • 2月1日・8月1日⇒友引
  • 3月1日・9月1日⇒先負
  • 4月1日・10月1日⇒仏滅
  • 5月1日・11月1日⇒大安
  • 6月1日・12月1日⇒赤口


aikon-2先勝(さきがち・せんかち・せんしょう)

何事も急ぐことが良いとされ『先んずれば即ち勝つ』の意味。

午前中は吉ですが、午後二時より六時までは凶なんですね。
急用や、訴訟などに用いるのは吉の日とされます。

婚礼は、午前中に式を挙げると午後になっても大丈夫ということ。



aikon-2友引(ともびき)

友引は、大安の次に結婚式に良いという日

人気があります。

その意味は、昼は凶で、午前と夕方や夜は吉。
なので、昼のみを避ければ吉となり、結婚式も
支障なく挙げられるということなんです。

ですが、この日は葬儀を行うと友を引くといわれ
葬儀は、普通は行われません。

お慶び事については、”幸せをおすそ分けする”意味で
結婚式の引き出物を発送する人もいるとのこと。

良いことも悪いことも友を引くという意味なんですね。




aikon-2先負(さきまけ・せんまけ・せんぷ)

『先んずれば即ち負ける』という日。

先勝とは正反対の意味ということですね。

そして、何事も急ぐことなく、平静にあわてず騒がず
控えめに過ごすことがとされているんです。

特に、急用や勝負事、公事は避けるほうが無難。

ただし、午後は大吉となっており、挙式やお慶び事は
午後からが良いとされています。




aikon-2仏滅(ぶつめつ)

『仏も滅するような大凶の日』という意味の日。

この日は、開店、開業などの新規事をはじめることはもちろん
何事をするのも良くないとされています。

”六曜の中では一番の凶日”なので、特に婚礼をはじめとする
お慶び事は、避ける習慣がありますね。

ですが、最近は結婚式場の仏滅割引などお得なプランも
あり、利用される方もあるようです。


また、この日に病気になると長引くとも言われていますが
仏事(葬儀、法事)などは、良しとされています。



aikon-2大安(だいあん・たいあん)

『大いに安し』の意味で、六曜の中で最も吉日とされます。

一日中吉とされ、婚礼はもちろん、結納・入籍など

すべてのお慶び事に大吉となっています。

婚礼・旅行・建築・移転・棟上・開店開業などに最適。

さらに、何を始めても成功するといわれ、内閣の組閣などにも
この日が選ばれるとか。




aikon-2赤口(しゃっこう)

『万事に用いない悪日。ただし正午のみ吉』という日。

正確にいうと、午前11時ごろから午後1時ごろまでのみ吉で、

その以外は凶の意味の日。

婚礼などお慶び事では、仏滅の次に避けるべき日とされます。
なので、婚礼にはほとんど用いられません。

さらに、新規のことはじめはもちろん、何をするにも
慎むべき日とされています。

また、刃物や火の元にも注意が必要な日と
なっています。


Sponsored links



結納に良い吉日は?



結納や入籍、婚礼などのお慶び事には

次の六曜の日を選ぶと、大丈夫です。


  • 大安
    一日中吉の日なので、結納や婚礼、入籍もいつの時間帯でも大丈夫です。

  • 友引
    この日は、昼は凶ですが、その他の時間帯はとなっています。
    お慶び事は、昼以外の時間帯を選ぶとOKですね。

  • 先負
    先負は『先んずれば負ける』の日で、午前中は凶です。
    ですが、午後は大吉なので午後の時間帯を選ぶといいですね。

  • 先勝
    『先んずれば即ち勝つ』の日で、午前中は吉、午後は凶の日です。
    結納や婚礼、入籍などお祝い事は、午前中に行うといいですね。



やはり、一番の吉日は大安ですね。

それに次いで良い日は、友引となっています。


その他にも、暦にはお日柄を判断するための
十二直や二十八宿という事柄があるんですね。


4個の六曜と、さらに十二直や二十八宿の意味も
加えて判断すると、なお良い日が選べるということ。


十二直や二十八宿については、次にご紹介しようと
思います!



まとめ


六陽のまとめです

六曜の意味や由来をご紹介してきました。

まとめてみますね♪

aikon-2六曜の意味と由来

六曜は中国から伝わったもので、日の吉凶を表しています。

六曜には先勝・友引・先負・仏滅・大安・赤口
の6個があり、六曜星(ろくようせい)とも言われます。

1ヶ月を5等分し6日を基準にして、循環しているんです。

その順番は、先勝⇒友引⇒先負⇒仏滅⇒大安⇒赤口 


六陽の意味は


  • 先勝(さきがち・せんがち)
    『先んずれば即ち勝つ』の意味で、何事も急ぐことを良しとし、
    午前中は吉、午後は凶です。

  • 友引(ともびき)
    『大安の次に良い日』昼は凶、午前、夕方、夜は吉です。
    葬儀をおこなうと、友を引くとされ、まず行われません。


  • 先負(せんまけ・さきまけ・せんぷ)
    先勝とは正反対の日です。何事も控えめが吉とされます。
    午後は大吉なので、婚礼などお慶び事は午後から行うと良いですね。


  • 仏滅(ぶつめつ)
    『仏も滅するような大凶日』とされます。
    婚礼、開業開店など、新規のことをはじめ、何事をするのも
    凶となっています。


  • 大安(だいあん・たいあん)
    『大いに安し』の意味。六曜の中で最も良い日です。
    婚礼をはじめ、その他のお慶び事や、事始にすべて、大吉とされます。
    何をするにも良い日といいます。


  • 赤口(しゃっこう)
    何をするのも、慎むべき、厄日とされます。
    正午のみ吉ですが、婚礼など、お祝い事には、用いられません。



私の場合は、何か始めるときは

必ず暦を、見ることにしているんですね。

そして、もしも仏滅とかだと
可能な場合は変更してしまいます(^_^)


なぜなら、やはり支障なく上手くいってほしいから
なんです。


6個の六曜が、まわっているだけといえば
そのとおりなのですが、やはり、生活に根付いたもの
なので、選べるなら、良い日を選びたいと思っているんです!


最後までお読みいただきありがとうございましたm<(_ _)>m

お役にたちましたら、嬉しいです。

Sponsored links


関連記事

  1. torads-1
  2. 9133-31
  3. koyomi337-1
  4. koyomi2-1
  5. koyomirr-82
  6. koyomi38-1
コメントは利用できません。

人気の記事のまとめです

お財布の色は

金運アップの夢のまとめです。

犬を飼うまとめです。

人気記事ランキング

WPを快適に♪