認知症予防にコグニサイズ!簡単ステップ運動で脳を活性化!

  • 認知症予防にコグニサイズ!簡単ステップ運動で脳を活性化! はコメントを受け付けていません。

車の逆走や「徘徊(はいかい)」から行方不明
になったり認知症が大きな問題になっていますね。

そんな認知症ですが、実は高齢者だけの
病ではないんです。
若年性認知症は、早い年齢では20歳でも発症する病気。

Sponsored links



予防には、適切な食事や体操、運動が良いといいますね!

今回は、認知症予防のためのエクササイズをご紹介します。

どれも簡単に楽しくできるものばかり♪
毎日の日課に取り入れて、活動的な生活を
実現しましょう。


『脳を、適度に混乱させると活性化する』
ことをご存知ですか?

毎日の行動を考えてみると、あまり変化のない行動を
することが多いですね。


脳は使わないところから、退化
していくといいます。

たぶん「長く使わないから、この人には必要ないのかな?」
なんて、脳は判断しているのかもしれないです(_□_;)!!


なので、普段しない行動や動きを取り入れると
脳の刺激になり、その結果活性化できるということ。


脳細胞は、20歳から減っていくといいますね。

ですが、趣味に打ち込んだり、生き生きと活動的に生活すると
高齢であっても、脳のシナプス(神経細胞)は、
増えていくこともわかってきています。


脳を若く維持するのも、退化させてしまうのも
自分次第ということ。


だったら、すぐに始められる食事や簡単エクササイズで
認知症を予防したいもの!


まずは、先日いっぷくクリニックで紹介されていた
コグニサイズから、みていきましょう。


コグニサイズで脳を活性化?


コグニサイズは、認知症予防のために

国立長寿医療研究センターが開発したものです。

cogunition(コグニション)認知や認識+exercise(エクササイズ)運動
を組み合わせたもの。

ステップやウォーキングなど軽い運動
計算やしり取りなどの簡単な「認知課題」
同時に行うことで、脳の活性化を目指すものなんです。


国立長寿医療研究センターのサイトでは
コグニステップ・コグニラダー・コグニウォーク
と3種類が紹介されています。



いっぷくクリニックでは、コグニステップが紹介されていました。
池谷先生は、「音楽に合わせてステップするのもいいですよ」
といわれていました。

Sponsored links


コグニステップのやり方は?


コグニスッテプです。
出典:http://www.ncgg.go.jp/department/cre/download/cognicise.pdf

check-t11コグニステップの手順

ポイントになるのは、

頭を使って考えながらのステップ運動
です。

①左右に大きくステップ運動をしながら、
数を声に出して数えます。

②ただし「3の倍数」のときは、
数を数えずに手をたたきます。

これを繰り返します。


これに慣れたら、ステップを横でなく、前後にしたり

「3の倍数」を変えてやってみるのがいいそうです。


脳が適度に混乱することが、活性化に
繋がるのです!



次にもうひとつのコグニサイズ、コグニラダー
ご紹介しますね。


コグニラダーとは?


コグニラダーは、コグニサイズのバリエーションのひとつで、

ラインを引いた中を、数を数えながらステップするエクササイズです。


こちらは、4色コグニラダーを監修された島田先生の動画ですが、
とてもわかりやすかったです。



通常のコグニラダーは、1色ですが、4色を用いることで

動作が複雑になり、より頭を使うことができるので
脳を活性化することができます。

数をかぞえながら運動をするのが、コグニサイズの基本ですね。

それに加えて4色を使うコグニラダーでは
色を認識して動きながら数える訓練
できるということ!


実際に私もやってみましたが、初めてする動きって
すぐに完璧にはできないですね。

そんな時に、脳の活動は活発になって活性化
しているんです。

脳を適度に混乱させると良いといいますが、
普段使っていない回路をフル活動して、
問題を解決しようとしているって、ことですね。


逆になれてしまって、上手くできるようになると
脳はあまり使わなくなるんですね。


そんな時、色のコグニラダーでは、1色にくらべて
数多くのバリエーションを試すことができる、というわけなんです。


aikon-2コグニサイズを実践すると認知症にはかからない?


ただし、認知症予防は、コグニサイズをやっていれば万全と

いうことでは、ありません。

認知症の原因は、すべてはわかっていないですね。

ですが、高齢でも認知症になっていない人には
共通している事があるんです。

認知症予防に重要なヒントになりそうですね。

それは、次のようなものです。


  • 健康的な食生活
  • 適度な運動と睡眠
  • 没頭できる趣味を持っている

食生活では、やはりDHAなどが豊富なを中心に

肉・卵・魚介類など、たんぱく質を多く含むものを食べます。
それに加えて、抗酸化物質の豊富な季節の野菜・果物などを
規則正しく食べることが大切です。


活動的な生活は、質の良い睡眠にも繋がります。
さらに、没頭できる趣味や、活動があると
周りのことに興味をもって、生き生きと生活ができますね!

手先を使う作業も、脳の活性化につながり、
認知症にかかりにくいといわれています。


まとめ


認知症予防運動コグニサイズについて

ご紹介してきました。

認知することと運動をいっしょにする動作が
脳を適度に混乱させ、活性化できるんだっていうこと。
私は、はじめて知りました(゚ー゚)(。_。)


なんとなく、慣れて問題なくできるほうが良いと
思ってしまいますが、違うことや違う動きも
やってみることが、大切なんですね。


食生活にも注意し、楽しくできる趣味を持つことで
認知症予防をしていきましょう。

簡単レシピについてはこちらをご覧くださいね♪
認知症予防は食事から!DHAたっぷり簡単絶品レシピはこちら!


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Sponsored links


Sponsored links

  • 認知症予防にコグニサイズ!簡単ステップ運動で脳を活性化! はコメントを受け付けていません。

関連記事

  1. mrsdetuy-1
  2. suwarui-1
  3. furutu3
  4. gaman-1
  5. atatamerrt-2
  6. kaa-3
コメントは利用できません。

人気の記事のまとめです

お財布の色は

金運アップの夢のまとめです。

犬を飼うまとめです。

人気記事ランキング

WPを快適に♪