犬の下痢の原因は?パルボウイルス性腸炎との違いは?

  • 犬の下痢の原因は?パルボウイルス性腸炎との違いは? はコメントを受け付けていません。

”大変!犬が下痢!赤いものも混じっている”
ということはないですか?

これは、つい最近のうちの子のこと。
ゆる~い便の中に、赤いゼリー状のものが!

Sponsored links



実は、以前にもこんな便が出たことがあって

確か動物病院の先生が言っていた
「大腸の粘液が出てるのかも?」と直感(゚ー゚)(。_。)

でも、もしも伝染性の腸炎の初期だったら?
と心配になり、動物病院に走ったんです。

その結果は?・・・
さらに、怖いパルボウイルス性腸炎の看病の経験から
普通の腸炎との違いもご紹介しています。


犬の症状と診断結果は?


診断の結果はこちらです。

さっそく気になる診断結果ですが、

『ストレスが原因の大腸炎』でした。
悪い病気でなくて、ホントに良かった(‘-‘*)(,_,*)♪

その原因なんだけど、先生も
「便にも、有害な細菌は見つからないので、
多分ストレスでしょう」と。

実は、少し思い当たることがあるんですよね。

それは、2,3日前のこと。

ソファに座っている父親のひざに、
ピョンって、勢いよく飛び乗ったんですよね。

高齢の父親には、それが痛かったらしくて
本気で怒っているのが聞こえて(・・;)

すぐに、下におろしたのですが、
その後シュンっとしていたんですね。

シュンとしてしまうゆいちゃんです。

私も、ちょうど夕食の支度で忙しくしていて
後のフォローが足りなかったなぁと反省しきり。

この子は、体は大きい(4.9㎏)のですがノミの心臓(‐ω‐;;)
すごく繊細なんです。

それに4人(頭)いると、愛情を独り占めできないし
きっと、ずっ~~とそばにいたい甘えん坊さん。

トイ・プードルって、
みんなやんちゃで甘えん坊ですものね(゚ー゚)(。_。)
本気で怒られたのも、ショックだったのではと。

治療のほうは、抗生剤と整腸剤を5日分いただいて
帰ってきました。

でも、とりあえず重い病気でなくてひと安心♪

私が、犬の便がゆるくなるとか下痢をすることに
とっても敏感になってしまうのには、訳があるんですね。

それは以前に、うちの子がパルボウイルス性腸炎
かかった経験からなんですよ。


では、普通の下痢とパルボウイルス性腸炎の下痢の
違いをみていきましょう。


パルボウイルス性腸炎の下痢とは?


パルボの下痢の特徴です。

パルボウイルス性腸炎にかかったのは

今年11歳になる男の子が生後3ヶ月の頃のこと。

うちで生まれた子ですが、
男の子だったので、ペットショップのお世話で
養子にだしたんです。

大人しくてシャイな性格なので
大丈夫かな?と心配しながらでしたが。

その心配が当たってしまったようで、
「下痢をするようになったので治るまで一時帰宅」
するということに。

なんでも、養子にいったお宅のご夫婦が
忙しいお仕事をされていて
病気の子の面倒がみえないからとのことでした。

aikon-2パルボウイルス性腸炎はどんな症状?


パルボウイルス性腸炎も、初期のころは

普通の下痢と変わらないんです。

でも、元気がないことや、下痢以外にも
嘔吐することが、あったんです。

そして、やはりだるいのか、他の子が
寄っていくと、怒ってました。

動物病院でみてもらうと、先生は3ヶ月という月齢からも
最初からパルボを疑ってられたようで、
慎重に何度も検査をして、くださいました。

検査の結果やっぱり、パルボだったんです。


パルボウイルス性腸炎で、特徴的なのは下痢と嘔吐の色。
下痢便や嘔吐物が緑色なんです!

トマトジュースのような便も最初のころには、
ありましたが、その後は全部みどり色のものばかりでした。

治療は毎日点滴に通い、インターフェロンで治療して
くださいました。


おかげさまで10日くらいたったころ、何とか危機的な状態から
抜け出して、少しづつ食べられるようになったんです!

治ってからも後遺症が残り、下痢便は毎日10回近くも。

そして、肝臓やすい臓にも障害がのこってしまい
消化液がほとんど出ないという状態になっています。
今も、消化酵素は欠かせません。

でも、小さな頃にパルボウイルス性腸炎にかかった場合
90%くらいは助からないという中、懸命に治療し
助けてくださった先生に、本当に感謝しています。

また、もう助からないのではと思ったときに
最後はその子の寿命と、生きたいという気持ちなんですね。

「元気になったら、○○しようね^^」とか
楽しい未来を想像できるような言葉で
ずっと話しかけていました。

パルボウイルス性腸炎は治りましたが
後遺症が残ったし食べ物も工夫が必要なので
引き取り、またうちの子になってくれたんです(⌒-⌒)

Sponsored links


パルボウイルス性腸炎と他の腸炎の違い


では、パルボウイルス性腸炎とその他の腸炎

との違いについて、くわしくみていきますね。



  • aikon-2パルボウイルス性腸炎
    [原因]
    潜伏期間は2~12日。
    腸炎型と心筋炎型の2つが
    あります。

    腸炎型は、犬パルボウイルスに感染した犬の便や、嘔吐物への接触や
    人の手を経由しての感染。

    繁殖施設などに存在していると、ウイルスはチリやほこりに
    混じって6ヶ月~2年間も生きることも!
    犬パルボウイルスは、感染力も生命力も強いのです。

    心筋炎型は子宮内や生後1週間以内に
    感染した場合に発症。
    母犬からの免疫が十分ある場合は問題ありません。


    [症状]
    子犬も成犬も、免疫が低下したころに感染すると
    発症することが多いのです。

    ワクチンの効果が薄れている時期や
    それに加えて、大きなストレスが重なることなどですね。

    主な症状は、下痢と嘔吐。
    初期は、普通の下痢とあまり変わらないが、
    進行すると下痢便も嘔吐物も、みどり色になります。

    体の中では、リンパ組織、骨髄、腸の機能などが
    破壊され、後遺症が残ることも。

    いっぽう心筋炎型は、免疫を受けていない子犬では、
    2~8週齢ころに突然症状が現れ、呼吸困難で30分以内に
    急死してしまうこともあるのです。

    心筋炎型の主な症状は、悲鳴、呼吸困難、不整脈、嘔吐などです。


    [治療]
    もっとも大切なのは、ワクチンの接種で
    今のところ、特効薬はない状態。

    なので、犬の体力の回復をはかり、免疫力を上げる
    治療がメインです。
    二次感染を防ぐための抗生物質も投与します。

    うちの子の場合は、
    嘔吐や下痢で失われた水分を補うための
    輸液の点滴と、犬の免疫力を上げるために
    インターフェロンでの治療をしていただきました。

    check-t01汚染源の消毒
    排泄物や嘔吐物で汚れた場所や、犬の食器
    さらに、感染した犬を介護している人の手指や
    衣服などは、そのつど消毒します。

    煮沸消毒や、次亜塩素酸ナトリウム
    (台所用漂白剤)を30倍にうすめたものを、
    つかいます。

    アルコールや、クレゾール、逆性石鹸などは
    効果がありません。


  • aikon-2コロナウイルス性腸炎
    [原因]
    パルボと同じように、犬のワクチン接種に含まれているウイルス。
    犬コロナウイルス。主に、ウイルスとの接触で感染する。

    感染すると、犬の小腸上部分2/3と
    その周辺のリンパ節に、感染することが多い。

    感染力が強い。
    パルボウイルス性腸炎と合併することも。


    [症状]
    成犬では、感染しても症状がでないことが多い。

    ですが、免疫力の弱い子犬では、元気がなくなるなどの症状から
    食欲不振、黄緑からオレンジ色で悪臭の強い下痢便をします。
    さらに、嘔吐するなどの症状が。

    パルボウイルス性腸炎と合併することもあり
    その場合は、死亡することも。


    [治療]
    特効薬はなく、ワクチンが一番の予防・治療薬。

    抗生物質で二次感染を防ぐことや
    失われた水分を補う意味で、輸液の点滴など
    対症療法が主な治療です。

  • aikon-2細菌性腸炎
    [原因]
    細菌感染やカビや大腸菌などのばい菌が原因で
    おこる下痢です。

    サルモネラ菌・カンピロバクター菌・スピロヘータ
    ・大腸菌などが原因。

    中でも代表的なものは、カンピロバクター菌とサルモネラ菌です。

    健康な犬の10%は、これらの菌を保有していることもあり
    免疫力が低下すると、菌が繁殖し、下痢を発症することにも
    なるのです。


    [症状]
    初期のころは、便がゆるくなり一部にゼリー状のものが
    混じります。

    さらに病状が進むと固形物はでなくなり
    水溶性の下痢便のなかに、ゼリー状の血便が
    混じることが多いです。

    それは鮮血の場合もあります。
    熱が出ることも多く、一年中発症しますが
    特に夏場に多いです。

    ストレスなどで、免疫力が低下すると
    発症しやすいです。


    [治療]
    原因菌をつきとめて、それに有効な抗生物質を
    使います。

    脱水症状がある場合は、輸液の点滴をします。



まとめ


私の体験から、

犬の普通の腸炎とパルボウイルス性腸炎などの違い
について、みてきました。

パルボウイルスっていうと、
毎年接種しているワクチンに入っている
犬の伝染病ですね。

パルボに罹ったうちの子も、
3ヶ月までに2回のワクチン
済ませてから、養子にだしていたのですが。

たぶん環境の変化からのストレスで、免疫力が落ちていて
どこかで、感染してしまったのではと思います。

パルボウイルスは、感染力も生命力も強いので、
注意が必要ですね。

ウイルス性の病気予防には、
犬も猫も混合ワクチンがありますね。

犬は、5種から9種の混合ワクチン
猫は、3種から5種の混合ワクチンがあります。

我が家では、毎年9種混合ワクチン
をしているんです。

パルボにかかった経験からも
やはり、ワクチンをしていないと怖いです。

さらに、一番大切なのは、犬をいつも健康な
状態に保てるように、なるべくストレスなく
過ごさせてあげようと思っています。


今回、ストレスから、下痢をおこしたことで
さらに気をつけてあげなくては!と再認識(゚ー゚)(。_。)

犬や猫の病気は、かかってしまうと
特効薬がない治らない病気がたくさんあるんです。

はやく、もっと研究がすすみ、特効薬がでてくれる
ことを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。


Sponsored links


関連記事はこちら♪

  • 犬の下痢の原因は?パルボウイルス性腸炎との違いは? はコメントを受け付けていません。

Sponsored links

コメントは利用できません。

人気の記事のまとめです

お財布の色は

金運アップの夢のまとめです。

犬を飼うまとめです。

WPを快適に♪