十二直・二十八宿カレンダー2021年1月!縁起の良い日TOP3♩

  • 十二直・二十八宿カレンダー2021年1月!縁起の良い日TOP3♩ はコメントを受け付けていません

お正月は五穀を守る年神様をお迎えし、新年のお祝いをする大切な月。

三が日から松の内を過ぎると、気持ちも新たにいよいよ活動開始です。
今年こそ実りの多い一年にしたいと願ってしまいますね。

新年からお財布を購入したいとか、使い始めたいと思っている人もあるかもしれません。
また、何か新しいことを学び始めるとか、新規のことを始めたいと思っている人も!
そんな時はぜひ良いお日柄を、用いたいものですね。

スポンサーリンク


お日柄選びに、六曜だけでなく十二直や二十八宿は心強いものです。

2021年1月の十二直・二十八宿をカレンダー一覧にしてみました。

2021年令和3年十二直・二十八宿カレンダー一覧


こちらの十二直・二十八宿カレンダー一覧では干支や三隣亡、不成就日、六曜(大安・友引など)十二直や二十八宿、下段も、記載しています。
そして次のようにわかりやすく記載してみました。

◎天赦日
◎一粒万倍日
〇大安
〇寅の日
×不成就日
×三隣亡

また、おすすめの度合いをの数であらわしています。


  • ・寅の日:★★
  • ・天赦日:☆☆
  • ・一粒万倍日:★★
  • ・大安:★★
  • ・十二直・二十八宿の吉日:★★
  • ・下段の吉日:★★

より良い日を選ぶために、次の日はをつけていません。

  • ・不成就日(何事も成就しないとされる日)
  • ・三隣亡(建築関係の凶日ですが、婚礼は家庭を築く意味から避けた方が無難な日)
  • ・●黒日(下段:特別の大凶日。葬儀だけは妨げなし)
  • ・十し(下段:十死日と書き十はことごとくの意味。婚礼・葬儀は特に大凶)
  • ・ぶく日(下段:吉事も凶事も繰り返す。婚礼葬儀に特に凶)
  • ・ぢう日(下段:ぶく日と同じ意味)
  • ・めつもん(下段:大悪日で何事も成就しないという日)


2021年1月1日の暦


1月日(金曜日)


干支:己酉(つちのととり)
九星:六白
行事:元日・初詣・年賀
×仏滅
×おさん(納)
〇婁(ろう)
〇万よし
★★★★

2021年1月2日の暦


1月2日(土曜日)



干支:庚戌(かのえいぬ)
九星:五黄
行事:初荷・初夢・書初め・皇居一般参賀
〇大安
〇ひらく(開)
〇胃(い)
〇大みゃう
★★★★★★★★

大安吉日です。

十二直のひらく(開)は、建築や移転、婚礼、開店、開業などのお祝い事に全て吉の意味があります。
ただし、葬儀などの不浄事は凶となっています。

二十八宿の胃(い)も、婚礼や開店、開業、移転、就職や造作にも吉の日です。

下段の大みゃうも縁起の良い意味があり、お祝い事や旅行、新規開始事に吉となります。
吉事善事に用いると大吉の日です。


2021年1月3日の暦


1月3日(日曜日)


干支:辛亥(かのとい)
九星:四緑
行事:初亥・福岡筥崎宮せせり
◎一粒万倍日
×赤口
×とづ(閉)
〇昴(ぼう)
〇大みゃう
★★★★★★


2021年1月4日の暦


1月4日(月曜日)


干支:壬子(みずのえね)
九星:三碧
行事:初子・官庁御用始め
◎一粒万倍日
×不成就日
×赤口
×とづ(閉)
〇昴(ぼう)
〇大みゃう

2021年1月5日の暦


1月5日(火曜日)


干支:癸丑(みずのとうし)
九星:二黒
行事:小寒・初水天宮
△友引
〇たつ(建)
×觜(し)
×十し


2021年1月6日の暦


1月6日(水曜日)


干支:甲寅(きのえとら)
九星:一白
行事:初寅・東京消防出初・高崎だるま市
〇寅の日
△先負(午後は大吉)
×のぞく(除)
〇参(しん)
★★★★

十二直の×のぞく(除)は、百凶を除くという吉日の意味があります。
医師にかかり始めや薬の飲み始め、種まきや井戸掘りは吉です。

ですが、婚礼や屋敷内の動土には凶の日となります。
庭の土を動かすことは、避けたほうが良いですね。


2021年1月7日の暦


1月7日(木曜日)


干支:乙卯(きのとう)
九星:九紫
行事:初卯・七草・福岡大宰府天満宮うそ替え・鬼すべ
◎一粒万倍日
×仏滅
〇みつ(満)
〇井(せい)
〇神よし
★★★★★★★★


2021年1月8日の暦


1月8日(金曜日)



干支:丙辰(ひのえたつ)
九星:八白
行事:初薬師・東京鳥越神社とんど焼
〇大安
〇たいら(平)
〇鬼(き)
〇大みゃう
★★★★★★★★

大安吉日です。

十二直のたいら(平)は、物事の平等円満をもたらす吉日とされます。
なので、地固めや柱立てなどの行事や、婚礼などのお祝い事、旅行に吉となります。

二十八宿の鬼(き)は、大吉日でお祝い事に良い日ですが、婚礼のみ凶となっています。


2021年1月9日の暦


1月9日(土曜日)


干支:丁巳(ひのとみ)
九星:七赤
行事:初巳・宵えびす・京都西本願寺報恩講(16日まで)
×赤口
〇さだん(定)
×柳(りゅう)
〇母倉
★★★★

2021年1月10日の暦


1月10日(日曜日)


干支:戊午(つちのえうま)
九星:六白
行事:初金毘羅・十日えびす・110番の日
×三隣亡
△先勝
〇とる(執)
×星(せい)
〇神よし


2021年1月11日の暦


1月11日(月曜日)


干支:己未(つちのとひつじ)
九星:五黄
行事:成人の日・鏡開き
△友引
×やぶる(破)
〇張(ちょう)
〇大みゃう
★★★★

十二直のやぶる(破)には、破の意味から物事を突破するのに良い日。
したがって、訴訟や談判事に用いると良い結果を生みます。

ですが、婚礼や神仏祭祀やお祝い事には凶の日となります。


2021年1月12日の暦


1月12日(火曜日)


干支:庚申(かのえさる)
九星:四緑
行事:
×不成就日
△先負
×あやぶ(危)
×翼(よく)
〇大みゃう


2021年1月13日の暦


1月13日(水曜日)


干支:辛酉(かのととり)
九星:三碧
行事:新月:14時00分
×赤口
〇なる(成)
〇軫(しん)
×●黒日


2021年1月14日の暦


1月14日(木曜日)


干支:壬戌(みずのえいぬ)
九星:二黒
行事:大阪四天王寺どやどや・仙台どんと祭
△先勝
×おさん(納)
〇角(かく)
×めつもん


2021年1月15日の暦


1月15日(金曜日)


干支:癸亥(みずのとい)
九星:一白
行事:小豆がゆ・小正月
△友引
〇ひらく(開)
〇亢(こう)
×くゑ日
★★★★


2021年1月16日の暦

1月16日(土曜日)


干支:甲子(きのえね)
九星:一白
行事:甲子・えんま詣り
◎天赦日
◎一粒万倍日
△先負
×とづ(閉)
〇氐(てい)
〇よろずよし
☆☆★★★★★★

天赦日と一粒万倍日に加えて甲子が重なる特別に縁起の良い日。

干支の甲子(きのえね)は、干支は縁起が良いとされます。

それは甲子が十干十二支の組み合わせの1番最初の日で、『この日に行動を起こすと良い運気の流れにのれる』とされます。

何かを始めることに適した日とされるからです。

また1月13日に新月入りしているので、お財布の購入にも使い始めにも最適です。

大吉なので、一日中吉の意味があります。
ご都合の良い時間帯を用いられるといいですね。


2021年1月17日の暦


1月17日(日曜日)


干支:乙丑(きのとうし)
九星:二黒
行事:防災ボランティアの日・秋田太平山三吉神社梵天祭
×仏滅
〇とづ(閉)
〇房(ぼう)
×十し


2021年1月18日の暦


1月18日(月曜日)


干支:丙寅(ひのえとら)
九星:三碧
行事:初観音
×不成就日
〇大安
×のぞく(除)
×心(しん)
〇天おん


2021年1月19日の暦


1月19日(火曜日)


干支:丁卯(ひのとう)
九星:四緑
行事:
◎一粒万倍日
×赤口
〇みつ(満)
〇尾(び)
〇天おん
★★★★★★★★


2021年1月20日の暦


1月20日(水曜日)


干支:戊辰(つちのえたつ)
九星:五黄
行事:大寒・旧針供養
△先勝
〇たいら(平)
×箕(き)
〇天おん
★★★★

十二直の箕(き)は、物品の仕入れや集金は大吉です。

さらに、建物の改造や、池堀り、土を動かすなどの作業も吉となります。

ただし、葬儀には凶となります。


2021年1月21日の暦


1月21日(木曜日)


干支:己巳(つちのとみ)
九星:六白
行事:初大師
△友引
〇さだん(定)
〇斗(と)
〇母倉
★★★★★★


2021年1月22日の暦


1月22日(金曜日)


干支:庚午(かのえうま)
九星:七赤
行事:
×三隣亡
△先負
〇とる(執)
〇牛(ぎゅう)
〇母倉


2021年1月23日の暦


1月23日(土曜日)


干支:辛未(かのとひつじ)
九星:八白
行事:奈良若草山焼き
×仏滅
×やぶる(破)
×女(じょ)
〇大みゃう
★★

2021年1月24日の暦


1月24日(日曜日)


干支:壬申(みずのえさる)
九星:九紫
行事:初地蔵・東京巣鴨とげぬき地蔵尊大祭
〇大安
×あやぶ(危)
×虚(きょ)
〇神よし
★★★★

十二直のあやぶ(危)は、「万事に危惧を含む日」とされ、諸事控えめにするべき日。
特に、旅行や登山には大凶の日となっています。


2021年1月25日の暦


1月25日(月曜日)


干支:癸酉(みずのととり)
九星:一白
行事:初天神・東京亀戸天神うそ替え
×赤口
〇なる(成)
×危(き)
×●黒日

二十八宿の危(き)は、登山や高所での仕事は大凶とされます。

下段の黒日は、暦柱の中でも特別の大凶日とされ、全てのことにもちいてはいけない日となっているので、注意が必要な日です。

2021年1月26日の暦


1月26日(火曜日)


干支:甲戌(きのえいぬ)
九星:二黒
行事:文化財防火デー・道元禅師誕生会・天理教本部春季大祭
×不成就日
△先勝
〇おさん(納)
〇室(しつ)
×めつもん

不成就日と下段にはめつもんがあるので、注意が必要な日です。

慎重な言動が求められる日です。


2021年1月27日の暦


1月27日(水曜日)


干支:乙亥(きのとい)
九星:三碧
行事:国旗制定記念日・小田原道了尊大祭
△友引
〇ひらく(開)
〇壁(へき)
〇月とく
★★★★★★

友引は大安の次に縁起が良いとされます。

十二直や二十八宿には、婚礼や開店開業などの新規事始めやお祝い事に大吉の意味があります。
下段の月とくは、その月の福を司るとされ、何事をするにも、吉となっています。



2021年1月28日の暦


1月28日(木曜日)


干支:丙子(ひのえね)
九星:四緑
行事:初不動
◎一粒万倍日
△先負
×とづ(閉)
〇奎(けい)
×きこ
★★★★


2021年1月29日の暦


1月29日(金曜日)


干支:丁丑(ひのとうし)
九星:五黄
行事:満月:4時16分
×仏滅
〇たつ(建)
〇婁(ろう)
×十し


2021年1月30日の暦


1月30日(土曜日)


干支:戊寅(つちのえとら)
九星:六白
行事:
〇寅の日
〇大安
×のぞく(除)
〇胃(い)
×ぶく日
★★★★★★

寅の日と大安が重なる日。

寅の日は、虎は一瞬で『千里を行って千里を帰る』とされ金運将来の吉日です。
ですが「すぐに帰ってくる」と困る意味から、婚礼や入籍には不向きです。

下段のぶく日は復日といい、凶事なら凶事が、吉事なら吉事が重なる意味から、婚礼や葬式にはよくないとされます。


2021年1月31日の暦


1月31日(日曜日)


干支:己卯(つちのとう)
九星:七赤
行事:
◎一粒万倍日
×赤口
〇みつ(満)
〇昴(ぼう)
〇神よし
★★★★★★★★


2021年1月の十二直・二十八宿の縁起の良い日TOP3


NO.1 1月16日(水曜日)天赦日と一粒万倍日に甲子(きのえね)が重なる日


1月16日(土曜日

干支:甲子(きのえね)
九星:一白
行事:甲子・えんま詣り
◎天赦日
◎一粒万倍日
△先負
×とづ(閉)
〇氐(てい)
〇よろずよし
☆☆★★★★★★


NO.2 1月8日(金曜日)大安吉日


1月8日(金曜日)

干支:丙辰(ひのえたつ)
九星:八白
行事:初薬師・東京鳥越神社とんど焼
〇大安
〇たいら(平)
〇鬼(き)
〇大みゃう
★★★★★★★★

NO.3 1月2日(土曜日)大安吉日


1月2日(土曜日)

干支:庚戌(かのえいぬ)
九星:五黄
行事:初荷・初夢・書初め・皇居一般参賀
〇大安
〇ひらく(開)
〇胃(い)
〇大みゃう
★★★★★★★★




最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク


関連記事はこちら♪

  • 十二直・二十八宿カレンダー2021年1月!縁起の良い日TOP3♩ はコメントを受け付けていません

スポンサーリンク

コメントは利用できません。

ジャンル別にさがす♪