2023年令和5年2月十二直・二十八宿お日柄カレンダー!縁起の良い日は

  • 2023年令和5年2月十二直・二十八宿お日柄カレンダー!縁起の良い日は はコメントを受け付けていません

二月の和名は「如月(きさらぎ)」。
如月(きさらぎ)の由来で有力なのは、「衣を更に重ねて着る」ことから。
2月は立春を迎えますが、寒さはまだまだ本番。なので洋服(衣)を重ね着して寒さをしのぐということですね。

春が待ち遠しい季節でもありますね。
また「一月は行く」「二月は逃げる」「三月は去る」とされるように、すぐに終わってしまうとも感じてしまいます。


スポンサーリンク



そんな2023年2月の十二直・二十八宿などのお日柄をカレンダー一覧にしてみました。

2023年令和5年1月の十二直・二十八宿お日柄カレンダー一覧


こちらの十二直・二十八宿お日柄カレンダー一覧では干支や三隣亡、不成就日、六曜(大安・友引など)十二直や二十八宿、下段も、記載しています。
そして次のようにわかりやすく記載してみました。

◎天赦日
◎一粒万倍日
〇大安
〇寅の日
×不成就日
×三隣亡

また、おすすめの度合いをの数であらわしています。

  • ・寅の日:★★
  • ・天赦日:☆☆
  • ・一粒万倍日:★★
  • ・大安:★★
  • ・十二直・二十八宿の吉日:★★
  • ・下段の吉日:★★

そしてより良い日を選ぶために、次の日はをつけていません。

  • ・不成就日(何事も成就しないとされる日)
  • ・三隣亡(建築関係の凶日ですが、婚礼は家庭を築く意味から避けた方が無難な日)
  • ・●黒日(下段:特別の大凶日。葬儀だけは妨げなし)
  • ・十し(下段:十死日と書き十はことごとくの意味。婚礼・葬儀は特に大凶)
  • ・ぶく日(下段:吉事も凶事も繰り返す。婚礼葬儀に特に凶)
  • ・ぢう日(下段:ぶく日と同じ意味)
  • ・めつもん(下段:大悪日で何事も成就しないという日)
  • ・凶会日(くえにち)(下段:悪事の集まる凶日。婚礼、旅行などすべてに悪日である。)




2023年2月1日の暦


2月日(水曜日)


干支:庚寅(かのえとら)
九星:九紫
行事:福井永平寺涅槃会接心(7日まで)
〇寅の日
×不成就日
〇大安
×のぞく(除)
〇参(しん)
〇月とく

2023年2月2日の暦


2月2日(木曜日)


干支:辛卯(かのとう)
九星:一白
行事:尾鷲まつり(1日~5日)
◎一粒万倍日
×赤口
〇みつ(満)
〇井(せい)
★★★★★★

2023年2月3日の暦


2月3日(金曜日)


干支:壬辰(みずのえたつ)
九星:二黒
行事:節分・豆まき・奈良春日大社万灯籠
△先勝(午前は吉・午後は凶)
〇たいら(平)
〇鬼(き)
〇大みゃう
★★★★★★

2023年2月4日の暦


2月4日(土曜日)


干支:癸巳(みずのとみ)
九星:三碧
行事:立春
△友引(昼以外の時間は吉)
〇たいら(平)
×柳(りゅう)
×ぢう日

2023年2月5日の暦


2月5日(日曜日)


干支:甲午(きのえうま)
九星:四緑
行事:初午・京都伏見稲荷初午祭・笠間稲荷初午祭
◎一粒万倍日
△先負(午後は大吉)
〇さだん(定)
×星(せい)
〇神よし
★★★★★★

2023年2月6日の暦


2月6日(月曜日)


干支:乙未(きのとひつじ)
九星:五黄
行事:満月:3時29分・新宮神倉神社火祭
×仏滅
〇とる(執)
〇張(ちょう)
〇大みゃう
★★★★★★

2023年2月7日の暦


2月7日(火曜日)


干支:丙申(ひのえさる)
九星:六白
行事:北方領土の日
〇大安
×やぶる(破)
×翼(よく)
〇月とく
★★★★

2023年2月8日の暦


2月8日(水曜日)


干支:丁酉(ひのととり)
九星:七赤
行事:針供養・こと始め
×赤口
×あやぶ(危)
〇軫(しん)
×十し




2023年2月9日の暦


2月9日(木曜日)


干支:戊戌(つちのえいぬ)
九星:八白
行事:
×不成就日
△先勝(午前は吉・午後は凶)
〇なる(成)
〇角(かく)
×●黒日

2023年2月10日の暦


2月10日(金曜日)


干支:己亥(つちのとい)
九星:九紫
行事:加賀管生石部祭・福島信夫三山暁参り
×三隣亡
△友引(昼以外の時間は吉)
×おさん(納)
〇亢(こう)
〇母倉

2023年2月11日の暦


2月11日(土曜日)


干支:庚子(かのえね)
九星:一白
行事:建国記念の日・奈良橿原神宮例祭・水戸梅まつり
△先勝(午前は吉・午後は凶)
〇ひらく(開)
〇氏(てい)
〇母倉
★★★★★★

2023年2月12日の暦


2月12日(日曜日)


干支:辛丑(かのとうし)
九星:二黒
行事:
◎一粒万倍日
×仏滅
×とづ(閉)
〇房(ぼう)
〇月とく
★★★★★★

2023年2月13日の暦


2月13日(月曜日)


干支:壬寅(みずのえとら)
九星:三碧
行事:
〇寅の日
〇大安
〇たつ(建)
×心(しん)
〇大みゃう
★★★★★★

2023年2月14日の暦


2月14日(火曜日)


干支:癸卯(みずのとう)
九星:四緑
行事:セントバレンタインデー・奈良長谷寺だだ押し
×赤口
×のぞく(除)
〇尾(び)
★★

2023年2月15日の暦


2月15日(水曜日)


干支:甲辰(きのえたつ)
九星:五黄
行事:横手かまくら・全国緑化キャンペーン・ねはん会
△先勝(午前は吉・午後は凶)
〇みつ(満)
×箕(き)
〇大みゃう
★★★★

2023年2月16日の暦


2月16日(木曜日)


干支:乙巳(きのとみ)
九星:六白
行事:日蓮上人誕生会・全国狩猟禁止
△友引(昼以外の時間は吉)
〇たいら(平)
〇斗(と)
〇神よし
★★★★★★

2023年2月17日の暦


2月17日(金曜日)


干支:丙午(ひのえうま)
九星:七赤
行事:二の午・伊勢神宮祈年祭・八戸えんぶり
◎一粒万倍日
×不成就日
△先負(午後は大吉)
〇さだん(定)
〇牛(ぎゅう)
〇神よし

2023年2月18日の暦


2月18日(土曜日)


干支:丁未(ひのとひつじ)
九星:八白
行事:岡山西大寺会陽裸祭・アレルギー週間
×仏滅
〇とる(執)
×女(じょ)
〇神よし
★★★★

2023年2月19日の暦


2月19日(日曜日)


干支:戊申(つちのえさる)
九星:九紫
行事:
〇大安
×やぶる(破)
×虚(きょ)
★★

2023年2月20日の暦


2月20日(月曜日)


干支:己酉(つちのととり)
九星:一白
行事:新月:16時06分
△友引(昼以外の時間は吉)
×あやぶ(危)
×危(き)
×十し

2023年2月21日の暦


2月21日(火曜日)


干支:庚戌(かのえいぬ)
九星:二黒
行事:
×不成就日
△先負(午後は大吉)
〇なる(成)
〇室(しつ)
×●黒日



2023年2月22日の暦


2月22日(水曜日)


干支:辛亥(かのとい)
九星:三碧
行事:
×三隣亡
×仏滅
×おさん(納)
〇壁(へき)
〇百事よし

2023年2月23日の暦


2月23日(木曜日)


干支:壬子(みずのえね)
九星:四緑
行事:天皇誕生日・京都醍醐寺五大力尊仁王会・鹿児島霧島神社お田植祭
〇大安
〇ひらく(開)
〇奎(けい)
〇天おん
★★★★★★★★

大安吉日です。
十二直、二十八宿、下段のどこにも、悪い意味のない、大吉日です。

2023年2月24日の暦


2月24日(金曜日)


干支:癸丑(みずのとうし)
九星:五黄
行事:大田原大田山地蔵尊春大祭
◎一粒万倍日
×赤口
×とづ(閉)
〇婁(ろう)
〇天おん
★★★★★★

2023年2月25日の暦


2月25日(土曜日)


干支:甲寅(きのえとら)
九星:六白
行事:京都北野天満宮梅花祭・福井勝山左議長祭
〇寅の日
△先勝(午前は吉・午後は凶)
〇たつ(建)
〇胃(い)
×くゑ日

2023年2月26日の暦


2月26日(日曜日)


干支:乙卯(きのとう)
九星:七赤
行事:
△友引(昼以外の時間は吉)
×のぞく(除)
〇昴(ぼう)
〇神よし
★★★★

2023年2月27日の暦


2月27日(月曜日)


干支:丙辰(ひのえたつ)
九星:八白
行事:
△先負(午後は大吉)
〇みつ(満)
〇畢(ひつ)
〇大みゃう
★★★★★★

2023年2月28日の暦


2月28日(火曜日)


干支:丁巳(ひのとみ)
九星:九紫
行事:
×仏滅
〇たいら(平)
×觜(し)
×ぢう日


2023年2月で縁起の良い日


2月23日(木曜日)大安吉日:婚礼・結納・入籍・新規事始めなどに


2月23日(木曜日)

干支:壬子(みずのえね)
九星:四緑
行事:天皇誕生日・京都醍醐寺五大力尊仁王会・鹿児島霧島神社お田植祭
〇大安
〇ひらく(開)
〇奎(けい)
〇天おん
★★★★★★★★

大安吉日です。
さらに十二直にも二十八宿や下段のどこにも、悪い意味がないという大吉日。

十二直のひらく(開)は、「神使(しんし)天険(てんけん)を開通する」という意味があります。
神使(しんし)とは、神様の使者または、神様の身内、親族のような存在で、神意を代行するとされる特定の動物のこととされます。


その対象は、哺乳類や鳥類・爬虫類・また想像上の生物などがあります。
有名なのは、大黒天の使いの鼠、弁財天の使いの蛇などですね。


そんな神の使者とされる生物が天険(てんけん)、地勢のけわしい自然の要塞のような場所を開通してくれるという意味を持ちます。

つまり、難しい展開になる問題を解決してくれるとか、トラブルを回避してくれるなどが考えられますね。


なので、建築関係の行事や、移転、開店開業、婚礼など全てに用いて吉の日。ただし、葬儀などの不浄事には凶となっています。


そして二十八宿の奎(けい)は、宮作り柱立て、棟上げや井戸堀り、神仏の祭祀、旅立ちに吉の日とされます。


下段の天おんは天恩日で、「天から万物を憐れんで下界へ恩恵を下される」と言う意味があり、全てに大吉の日。
とくに、建築関係では屋根ふきに農業関係では種まきに、お慶び事では婚礼に良いとされます。

そして、他に悪い意味が重なっていても、小悪日なら天恩日の徳のほうが勝るため、妨げなしになります。


20日に新月入りしているので、婚礼や結納などのお慶び事や、会社設立、開店開業、棟上げなどに用いられるといいですね。




最後までご覧いただきありがとうございました。


スポンサーリンク




関連記事はこちら♪

  • 2023年令和5年2月十二直・二十八宿お日柄カレンダー!縁起の良い日は はコメントを受け付けていません

スポンサーリンク

コメントは利用できません。

ジャンル別にさがす♪