十二直とは?その意味は?六曜よりも良く当たる!?

十二直(じゅうにちょく)をご存知ですか?
あまり馴染みがないかもしれません。

それは、暦に書かれているもので大安や、友引のように
その日の吉凶を表す事柄です。

スポンサーリンク



大安や友引は六曜と言って、文字どおり6個の星でその日を占いますね?


ですが、十二直は12個の星で、その日のお日柄の
良し悪しを示しているということ。


つまり六曜よりも、きめ細かいということ!
しかも、六曜よりもよく当たるとも!!


暦好きの管理人も、大事な日の吉凶を判断するときは
六曜とあわせて、必ず十二直もみています♪


例えば、お庭に池を作るとか家の改装をする場合でも
お日柄を確認することが、大切なんです!
その工事を開始する日にちがもっとも重要。


私はいつも
” 避けられるトラブルなら、避けて難なく過ごせるように ”
と、心がけているんですよ(^^)


何かが起きてからでは、遅いですものね。

今回は十二直について、ご紹介していきますね♪


十二直(じゅうにちょく)とは?


十二直とは、暦の六曜(大安や友引など)の下の段に
書かれているもので、その日のお日柄を示す、
歴注(れきちゅう)と言われる事柄なんです。


暦のちょうど中ほどに、書かれているので、
中段(ちゅうだん)や十二直中段ともいいますね。


十二直は、北斗七星の星の動きを吉凶判断に用いたもの。


北斗七星が、北極星を中心にして
天球上を回転する動きを、十二支や方位と組み合わせて
十二直を配置しているのです。


その歴史は古くて、飛鳥時代からといいます。
なんと、1300年以上も、用いられてきたということ!


最近では、六曜(大安や友引)を用いることが
一般的になってきました。

それでも、十二直に根強い人気があるのには
次のような訳が!


それは、十二直の『直』には
『当たる』という意味があり、よく当たる暦注だと
いうことなんです!


例えば、
「大安だからと選んだのに、あまり良い結果でなかった」
なんて経験はありませんか?


些細なことだと、いいのですが、一生を左右するような
お慶び事となると、困っただけでは済まされないです。


お慶び事やお祝い事には、ぜひ十二直を活用して
吉日にしたいもの(^^)


では、それぞれの十二直の意味や吉凶を
見ていきましょう。


たつ(建)

たつ(建):吉日

万物を建て生じる日。


のぞく(除)

のぞく(除):吉日

障害を取り除く日。



みつ(満)

みつ(満):吉日

全てが満ち溢れる日。


平(たいら)

平(たいら):吉日

物事が平らかになる日。



さだん(定)


さだん(定):小吉日

善悪が定まってとどまる日。



とる(執)

とる(執):小吉日

執行し促す日。


破(やぶる)


破(やぶる):凶日

物事を突き破る日。


あやぶ・あやう(危)


あやぶ・あやう(危):凶日

物事を危惧する日。


なる(成)


なる(成):小吉日

物事が成就する日。


おさん(納)


おさん(納):小吉日

万物を納めいれる日。


ひらく(開)


ひらく(開):半吉日

開き通じる日。


とづ(閉)


とづ(閉):凶日

すべて閉じ込める日。





まとめ


十二直についてみてきました。
いかがでしたか?


用途別に、大まかにまとめてみますね♪

結納・結婚・お祝い事に良い日

建(たつ)・執(とる)・開(ひらく)・平(たいら)
満(みつ)・成(なる)・定(さだん)

結納・結婚・お祝い事に向かない日

除(のぞく)・破(やぶる)・納(おさん)
閉(とづ)・危(あやぶ)


開店・開業に良い日

建(たつ)・満(みつ)・平(たいら)・成(なる)
開(ひらく)

土木工事や動土(土を動かす)をしてはいけない日

建(たつ)・除(のぞく)・平(たいら)・定(さだん)
満(みつ)



お祝い事などの、日取りを決める秘訣は

まず、六曜を主に見ていきます。


そして、六曜で良い日がみつかったら、
十二直を、ご参考にされるとより良い日が
見つけられるという事なんですよ。


ぜひ、ご活用されてくださいね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

関連記事

Sponsored links

人気の記事のまとめです