カテゴリー:暦

  1. 2月の「立春」は旧暦では新年の始まりとされます。 「立春」は2月4日前後ですね。 「立春」の前日「節分」は、季節を分ける意味からなのです。 そして節分の行事「豆まき」は、一年の穢れを祓い清めるための風習です。 [ad#co-…

  2. お正月は五穀を守る年神様をお迎えし、新年のお祝いをする大切な月。 三が日から松の内を過ぎると、気持ちも新たにいよいよ活動開始です。 今年こそ実りの多い一年にしたいと願ってしまいますね。 新年からお財布を購入したいとか、使い始め…

    • 十二直・二十八宿カレンダー2021年1月!縁起の良い日TOP3♩ はコメントを受け付けていません。
  3. 『天赦日(てんしゃび)』は暦の中で最上の大吉日。 何か新しいことを始めたり、今まで躊躇してできなかったことを開始するのに最適な日です。 婚礼や入籍、開業や開店、お財布の購入や使い始めにも最適♩ 宝くじの購入にも良い日とされます。 …

  4. 一粒万倍とは稲のことを表し、一粒のモミ(種)を蒔くと、時がたてば、稲穂のように万倍にもなって帰ってくるとされます。 一粒万倍日は、成功を願って事始めに最適な日。 この日は、良い意味でも悪い意味でも、あとから多くのものになって我が身に…

    • 2021年一粒万倍日カレンダー一覧!縁起の良い日TOP3はこちら♩ はコメントを受け付けていません。
  5. 2021年不成就日カレンダーです。

    『不成就日(ふじょうじゅび)』は何をやっても上手くいかない成就しない「凶日」とされます。 昔から何かを始める「事を起こす」には用いてはならない日。 なので、婚礼や結納・入籍などのお慶び事を始め、開業開店・柱立てなど建築関係の行事や新…

    • 2021年令和3年不成就日カレンダー!一粒万倍日や大安などの吉日と重なった場合は? はコメントを受け付けていません。
  6. 2021三隣亡カレンダー一覧です。

    『三隣亡(さんりんぼう)』は、建築関係の行事には大凶の日とされます。 三隣亡に、建築、普請始めや柱立て、棟上げなどに用いると、火災を起こし三隣りまで滅ぼすと言われます。 『三輪宝』と書かれ吉日だった時期もあり、その由来は不明なこ…

    • 2021年三隣亡カレンダー一覧!大安や一粒万倍日など吉日との重なった日は? はコメントを受け付けていません。
  7. 12月の和名は「師走」(しわす)。 「師走」の「師」とは、「僧侶」とされます。 12月は何かと忙しく、すぐにお正月がきてしまいますね。 一般の人の場合もそうですが、それ以上にお寺は忙しく「師」である僧侶が忙しくは駆け回ることが…

  8. 一段と寒さが厳しくなる11月ですが、和名では「霜月」(しもつき)といわれます。 霜月の由来は、その文字のとおり霜が降る月の意味があります。 その他にも、霜見月(しもみつき)、天正月(てんしょうげつ)、霜降月(しもふりつき)、神帰…

  9. 10月の和名は「神無月」(かんなづき)。 10月は、全国におられる八百万の神様のほとんどの方が、出雲大社(島根県)に集結されると言われます。 そのため、出雲の国(島根県)以外の国では、神様がいない「神無月」。 そして、出雲大社…

  10. 9月の和名は「長月(ながつき)」 9月は秋分の日を境に、昼の時間が短く、夜が長くなっていきますね。 「長月」は、「夜長月(よながつき)」の略されたものといわれます。 そんな、9月の暦をみていきましょう。 [ad#co-1] …

スポンサーリンク

RETURN TOP

ジャンル別にさがす♪

WPを快適に♪